胡蝶蘭の病気の種類と対処法

お祝いのギフトで定番の胡蝶蘭。
「幸福が飛んでくる」という花言葉がギフトに選ばれる人気の理由だそうです。
見た目も華やかですし、お花が長持ちするので頂く側にとっても嬉しい贈り物です。
また贈り物だけでなく、自宅観賞用としても人気があるようです。
種類や値段も幅広く、いろいろな雰囲気のお花が楽しめそうです。
そんな素敵な胡蝶蘭ですが、栽培する時に気をつけたい事、注意したい病気はどのようなものなのでしょうか。

水のやり過ぎは根腐れの原因に

胡蝶蘭を長く楽しむために一番注意したい事は水のあげ過ぎによる根腐れです。贈り物などで頂いた場合、大事にしようとついつい水をあげすぎてしまう事がありますが、熱帯の植物である胡蝶蘭には水はそれほど必要ではありません。水は植え込み材料の表面が乾いたらあげるようにして下さい。
根腐れの症状はまずはの部分に現れます。葉がしなびてきたり、シワっぽくなっていたら根腐れを疑ったほうがよいでしょう。
他にも、花が咲かない、花が早く枯れてしまうなどの症状や、植え込み材料にカビが発生するなどの症状が出たら根腐れを起こしていると思って下さい。
根腐れを起こしてししまった胡蝶蘭を復活させるには植え替えが有効です。腐った根をハサミで切り落とし、新しい植え込み材を巻きつけて鉢に植え直します。
この時使うハサミは火で炙って消毒し、手も清潔な状態にして胡蝶蘭を扱うようにすると病気の感染を防ぐ事ができます。

カビ菌が原因の感染病も

胡蝶蘭の元気がなくなる原因は様々ですが、カビ菌による感染症もその一つです。胡蝶蘭を弱らせるカビ菌は何種類かあり、症状や対処法が少しずつ違ってきます。
・炭疽病
葉の部分に発生する病気です。葉焼けなどで葉の組織が弱っているとそこから発病して広がってしまいます。症状は、はじめ淡褐色の小さな斑点が現れ、それが次第に範囲を広げていきやがて大きな黒っぽい灰色の穴の空いた斑点ができてしまいます。対処法は発病した葉をすぐに取り除き、殺菌剤を散布する事です。高温多湿の場でで発生しやすい病気なので、胡蝶蘭を置いている場所の風通しを良くしておく事で予防できそうです。

・フザリウム菌による立ち枯れ
胡蝶蘭の葉の色が急に黄色くなったらフザリウム菌に感染した可能性が高いです。やがて脱水状態となり下の葉から枯れて落ちて行ってしまいます。鉢の中の根や地面に触れている部分から感染していくので、病気になった部分を切り取って植え替えをしなければならない場合が多いです。また専用の薬剤も効力を発揮します。

・灰色かび病
胡蝶蘭の花びらに水がしみたような斑点が出てきたら、灰色かび病の可能性があります。灰色かび病は低温で多湿の環境で発生します。病気が進行すると花が褐色になって腐ってしまい灰色のカビに覆われてしまいます。対処法は病気になった部分を取り除くのはもちろんですが、低温多湿の環境を改善するために鉢の周りをダンボールで囲ってあげるなどして温度を上げ、風通しを良くしたり除湿機を使用するなどして湿度を下げましょう。

・リゾクトニア菌による立ち枯れ病
水のやり過ぎが原因で根腐れを起こしたもののほとんどがリゾクトニア菌に感染しています。根を調べてみると黒く腐った部分が見つかります。鉢の表面は茶色の菌糸で覆われ、キノコの香りがしてきます。対処法としては専用の薬剤を与える事ですが、発見が遅くなりやすい病気なので日頃から胡蝶蘭の様子をよく観察しておくことが大事です。

害虫による病気

カビによる病気の他に、胡蝶蘭の健康を損なう原因として害虫の存在があります。こちらも害虫の種類によって症状と対処法が違ってきます。

・『葉ダニ』
胡蝶蘭に葉ダニはつきにくいですが、油断していると蔓延してしまう怖い存在です。葉のツヤがなくなったり、葉の裏側がベタついて白い斑点があったりしたら葉ダニにやられている可能性が高いでしょう。葉ダニの厄介なところは薬剤への耐性がつきやすいことです。薬剤を塗布するよりも葉ダニが寄生している場所に水をかけるなど物理的に対処したほうが効果的でしょう。

・『アブラムシ』
胡蝶蘭の花のつぼみが開花しなかったり、つぼみの状態で落ちてしまう場合はアブラムシに寄生されているかもしれません。アブラムシは高温で乾燥する時期に花や花茎に寄生します。土中の窒素成分が多くなる事で発生しやすくなるとも言われています。アブラムシを見つけたらすぐに取り除きましょう。専用の薬剤もいくつかありますが、牛乳を水で薄めてスプレーすると効果的です。ただしこの方法は牛乳が臭うなどのデメリットも伴うので胡蝶蘭のある場所によっては使えない対処法かもしれません。

華やかで美しい胡蝶蘭、育てやすくお花も驚くほど長持ちですが、それでも気をつけなければいけない病気がだくさんあるんですね。贈り物でいただいても飾りっぱなしにしたりせず、毎日胡蝶蘭の状態をよく観察してあげるのが良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です