開院祝いには胡蝶蘭が華やかでお勧めです。

開院をする時に重要な事は、その医院に患者さんが入って来易いすい事です。

初めて訪れる場所で、しかも体調がすぐれなかったりする場合は特に入り易い事は重要になってきます。

入り口にぱっと気持ちが明るくなるお花があれば一瞬でも通院してくれる人の気持ちを癒すことが出来ると思います。

私が開院する時に胡蝶蘭をお勧めしたい理由は、上記の二つの点を兼ね備えているからです。

また胡蝶蘭は成功や福を呼ぶ証でもある花なので、胡蝶蘭が病院やクリニックの入口に置かれている先生が開く病院は、信頼を置けるという証にもなるのです。

また胡蝶蘭を贈られた側も手入れが簡単で、長く咲き続けてくれる花ですし、縁起が良い上に、嬉しい贈り物だと絶対に感じてくれる品です。

そして胡蝶蘭は花の中でも代表的なお祝い花とも言われてるものなので、贈ってくれた側が自分に対して本当に敬意を表してお祝いしてくれるを充分に伝えることが出来るのです。

また開院の事を知らない地域の人がいたとしても、入り口付近の胡蝶蘭に目が行って、そこから開院を知ってもらうことも出来る、言わば目印代わりになるとも言われているので、人が人を呼んでくれる花だとも言われています。

開院のお祝いは、何を送ったら良いのか?値段的にも品物的にも悩むことが多いと言われているのですが、胡蝶蘭場合はお値段的にも開院へ贈る値段として丁度良いとも言われていますし、もし同じ胡蝶蘭を贈る方がいたとしても、逆に入り口や院内が華やぐので、喜ばれるお祝いの品なのです。

お祝いで胡蝶蘭を贈るときは縦書きに立て札やメッセージをカードを入れる事が一般的ですが、開院のお祝いとしては、立て札やメッセージカードは小さめにしてもらい、お花を引き立たせる事も良いかも知れません。

二本立ちで左右の胡蝶蘭の色を変えてもらい、真ん中にメッセージカードを入れてもらう事も華やかですし、三本立ちで色を統一してもらうものとてもキレイで豪華になると思います。

一般的に開院祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、午前中に到着する様にすると縁起的にも良いと言われているので、予めの予約で贈る時間を指定をするとスムーズに行くと思います。

実際に診察が始まってからよりも、開院する前日や前々日などに到着する様にする事も一般的なマナーと言われているので、せっかく贈るのでですから、早め早めの手配や予約をお勧めしたいと思います。

開院祝いに胡蝶蘭を贈って相手も自分も運気アップをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です