スナックの開店祝いに「胡蝶蘭」のおすすめ

お祝い事や開店祝いなどにお花を贈ることがあると思いますがなぜ

胡蝶蘭が開店祝いなどの定番になっているのか紹介していきたいと思います。

<胡蝶蘭の花言葉>

ご存知の方も多いと思いますが胡蝶蘭全般の花言葉は幸福が飛んでくる・純粋な愛となっておりまた胡蝶蘭は着生植物なので幸せが根付くという事なのでまさに新しく開店したお店に幸せが根付くということで非常に人気となっています。

<胡蝶蘭の色による違い>

胡蝶蘭の色は大きく分けて白系、ピンク系、リップ系、黄色系、紫系と分かれており開店祝いなどには白系が選ばれています。その理由としてはまっさらな白という事で新しく始めるお店にぴったりだからですね。

ピンク系では花言葉が「あなたを愛しています」となっておりプロポーズする恋人や普段お世話になっている母親に贈る母の日用ギフトとしておすすめです。ピンクの胡蝶蘭は値段的にお手頃な物も用意されているので安心です。

リップ系は白色の胡蝶蘭の中央にリップと呼ばれる赤色の弁があることからそう呼ばれています。こちらも様々なお祝い事に使われていますが白と赤で紅白である事から選挙の当選祝いや移転祝い、ご長寿祝い、記念日などのお祝い事に多く使われています。

また色彩心理学的にリップの赤は活力・情熱などの強いエネルギーをイメージする色でやる気をもたらせてくれる花ですね。

黄色系の胡蝶蘭は白、ピンク、リップ系と比べると数が少ないのですが色彩心理学的に黄色は明るい太陽のように人々に希望や喜びや楽しい感情を生み出す効果がありお祝い事のギフトとして人気ですすね。

紫系の胡蝶蘭は高級感があり他の色とは一味違う色で色彩心理学的に紫は心身のバランスと整えてくれる色であり特別な人に贈るギフトとして良いのではないでしょうか。

<胡蝶蘭の英語名>

胡蝶蘭の英語での名はPhalaenopsis aphrodite(ファラノプシス・オーキッド)となっており

英語での花言葉は

love(愛情)

beauty(美)

luxury(高級・豪華)

refinement(上品・優雅)

愛や美しさ高級や上品とまさに開店祝いにピッタリな花ですね。

飾っておくだけで人々を和ませてくれる花。それが胡蝶蘭です

<胡蝶蘭を送る際の注意事項>

お祝い事に適した胡蝶蘭ですがやってはいけない事があるので紹介していきます。まずラッピングする際には赤色は注意しましょう。赤字や火事を連想させてしまいます。

またメッセージに火事や赤字などを連想させるような言葉を使うのも止めておきましょう。

病院のお見舞いに贈るのも厳禁です、病気が根付いてしまったら大変ですからね。

以上胡蝶蘭についてご紹介しましたが胡蝶蘭は1年中季節を問わず生産しているためいつでも送ることができます。開店祝い、大切な人などに贈る花としてぴったりなお花なので贈る際の参考にしていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です